水素生成器スイフルの動画説明

スイフル(suifull)動画

スイフルを分かりやすく動画で解説!

消音環境の方へ

音が出せない環境(電車内、会社など)でスマホ視聴されている方向けに動画の内容をテキスト化していますのでご覧ください。

動画の内容

いつでもどこでもお手軽に、高濃度の水素水が作れるスイフル!スイフルは圧倒的な速さで高濃度の水素を作れる携帯用クイック水素チャージャーです。使用方法はとても簡単。ミネラルウォーターを入れた専用ペットボトルにスイフルを差し込み数秒。いつでもどこでも飲む直前に水素水を作ることができます。

スイフルは長さ10センチ、重さ100グラム。どこに行くにも携帯できる手のひらサイズ。ランニングやウォーキング、サイクリングや登山など手荷物を抑えたいスポーツシーンや、毎日の通勤通学、ちょっとした外出にも手軽に携帯できるスイフル。これからは水素を携帯する新しいライフスタイルを。

なぜスイフルがいいの?

水素水の一番の問題点、それは水素分子が極めて小さな分子であるためペットボトルなどのな容器に保存したのでは時間が経つにつれて水素が抜けてしまい保存が難しいということです。では、どうすれば高濃度の水素水を飲むことができるのか?それは、自分で水素水をその場で作って飲むのが最も好ましいのです。

スイフルならいつでもどこでもお手軽に、飲む直前にあっという間に水素水を作ることが可能なので水素が抜けてしまっているという心配はありません。またスイフル以外にも水素水をその場で作れる水素生成器はすでにありますが、水素水が出来上がるまで少し時間がかかったり、持ち運ぶには少し大きく不便だったりします。その点、スイフルならわずか100グラム。そして水素チャージは数秒間でできるのです。

ただしく水素水を飲むには?

先ほど説明したように水素分子は非常に小さいため、時間経過とともに水素が抜け濃度が低下していきますので、
水素水は作った直後に飲むのがいいといわれています。また一度に大量に摂取しても吸収できない余分な水素は体外に出て行ってしまいます。生活習慣として毎日こまめに摂ることが大事です。

水素濃度判定

溶存水素濃度判定試薬でどれだけ水素が入っているか実験することができます。試薬一滴当たりおよそ0.1ppmの水素と反応します。試薬1滴を入れて色が透明に変化するとおよそ0.1ppm以上の水素が入っていることになり、青のままだと水素はおよそ0.1ppm以下ということが分かります。

関連記事

  1. スイフル

    水素水関連のニュースをリアルタイム配信

  2. スイフルの専用ウェブサイト開設

  3. スイフルで簡単に水素水を作る方法2

    スイフルで簡単に水素水を作る方法【動画解説】